Just another WordPress site

ANAとJALは2月の発券分から燃油サーチャージを徴収していましたが?4月から驚きの倍に・・

2017-02-25
ハワイ旅行大好きBlog
ハワイ旅行大好きな皆さん、アロハ!

スポンサードリンク

 

皆さん、お元気でしょうか?

燃油サーチャージ復活

またもや旅行者には辛い料金上乗せの時代の再来!?

2月より全日空(ANA)日本航空(JAL)では、
日本発の国際線の運賃に燃油サーチャージ燃油特別付加運賃)を上乗せしています。

この悪習?はおよそ10ヶ月ぶりに復活したことになります。

 

基本距離に応じて燃油サーチャージが

現在分の燃油サーチャージは2月1日から3月31日の日本発の発券分。

北米やヨーロッパ行きなどは片道3,500円、
ハワイ行きなどで、片道2,000円の上乗せとなったいます。

 

基本距離に応じて金額(燃油サーチャージ)は上がります。

北米、欧州、中東、オセアニア線が片道3,500円。

ハワイ、インド、インドネシア線が2,000円。

タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、カンボジア線が1,500円。

 

ベトナム、フィリピン、グアム、サイパン線が1,000円。

中国、香港、マカオ、台湾線が500円。

韓国線が200円。

※たとえば家族4人でハワイへ旅行する場合、これまで「ゼロ」円だったものが、
片道2000円×往復分×4人分の1万6000円が上乗せされることになるわけです。

 

4月の発券分から現在の価格より「2倍」

そんな中、4月の発券分から現在の価格より「2倍」に値上げされる。

という事は・・

「ANA便」や「JAL便」の北米やヨーロッパ行きでは現在、
片道で3,500円上乗せされていますが・・

 

それが4月の発券分より「7,000円」と2倍に値上げとなるようです。

円安基調の現在でも海外旅行には不利な日本人に、
さらに追い打ちを掛けるような燃油サーチャージの加算。

航空会社や旅行会社にはもっと企業努力をお願いし、
少しでも割安で気軽に海外旅行が楽しめる様にお願いします。

スポンサードリンク

 

 

そもそも燃油サーチャージとは・・?

簡単に言うと「燃油サーチャージ」とは?

航空会社の燃油価格(原油)の仕入れ価格に応じて、
旅行者に負担(上乗せ)させられる料金のこと。

円安が進み、燃料価格が値上がりとなったことが主要因。

同じ行き先でも「航空会社」や「発着日」によっては・・?
「燃油サーチャージ」即ち「金額」が違うことが起こります。

また、複雑なのが? 

乗継便の場合に、「区間」ごとに加算する航空会社と、
「目的地」までの金額を設定する航空会社もあるんです。

この「燃油サーチャージ」は導入当初は「年4回」(3ヶ月)の平均価格をもとに
その後3ヶ月の燃油サーチャージの額を改定していましたが・・

最近では「年6回」(2ヶ月)ごとに改定する航空会社が多いです。

 

で厄介なのが「キャンセル料」の場合・・?

そもそも「燃油サーチャージ」込みの旅行代金設定するツアーと・・

「燃油サーチャージ」は別の旅行代金設定するツアーの2種類あります。

「燃油サーチャージ」込みの旅行代金設定するツアーは、
当然のこと旅行代金はその分高額となり、その分キャンセル料金も高額となります。

 

その半面、「燃油サーチャージ」は別の旅行代金設定するツアーは、
当然キャンセル料金に「燃油サーチャージ」分は含まれません。

くれぐれもお気を付け下さい。

 

自主防衛策ではありませんが、なるべくツアー価格の安いのを選ばなければ・・?

そんな時に強い味方は・・コチラです。

それでは元気で・楽しく

        ・安全に行ってらっしゃい・・

サイト内記事情報はその時点での情報となりますので、
ご利用時には必ず事前に最新情報を確認をされてご利用下さいます様お願い申し上げます。

ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

スポンサードリンク

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。