Just another WordPress site

ワイキキ・フードホールが営業再開!ロイヤル・ハワイアン・C館3階

スポンサードリンク

2021-03-28

 

ハワイ大好きな皆さん、アロハ!

 

お元気でしょうか?

 

今日は
ワイキキ・フードホール 」営業再開のご紹介です。

 

 

 

ワイキキ・フードホール
ロイヤル・ハワイアン・センターC館3階)が営業再開していました。

 

 

オープン時個性的なお店8店舗での船出でしたが、
再開では今現在5店舗での営業となっています。

 

コロナの影響で営業形態も変更されていたりしておりますので、
そのへんのところもお伝えします。

 

 

ワイキキフードホール営業再開

 

 

グランドオープンは昨年3月7日(土)

 

※店舗紹介

でしたが、オープン僅か2週間で
コロナウイルス感染症拡大の影響で休業を余儀なくされていました。

 

 

しかし「ワイキキ・フードホール」は
昨年12月1日に営業を再開されていました。

 

 

場所は同じくロイヤル・ハワイアン・センターC館3階で
以前「北京(ベイジン)」があった所。

 

 

ハワイのおいしいもの全部をコンセプトにした新グルメスポット

 

 

 

ワイキキフードホールの特徴

 

 

「ワイキキ・フードホール」の特徴は
ローカル食材を使用したハワイを代表するグルメ、スイーツ、ドリンク等々が揃う。

 

 

コンセプトが「ハワイの美味しいもの」としユニークなショップが揃いました。

 

 

※ガーリックシュリンプ$13.99。

フードトラックで一躍有名になったガーリックシュリンプのお店(ファイブスター・シュリンプ)や、

 

 

※リブロースステーキ

ハワイ産の肉料理をお手頃価格で提供してくるお店(ミータリー・ボーイズ)、

 

 

※マッシュルームマッシュルームバーガー$13

ハワイ産の食材にこだわった手作りのハンバーガーショップ(ホノルルバーガー)。

 

 

ココナッツやマカダミアナッツフレーバーの
コーヒーを味わうことが出来るお店(サーファーズカフェ)や、

 

 


ハワイで人気のクラフトビールをはじめ
マイタイやブルーハワイなどのカクテルが楽しめるお店(タップバー)。

 

今後オープン予定としては・・・

 

 

生クリームかが主役のスイーツを楽しめる「ミルク」、

 

沖縄の家庭で愛されている「ポークたまごおにぎり」を提供する
Potama」、

 

アートスムージーはじめ綺麗と
美味しいとヘルシーが詰まった「JTRRD」が待ち受けています。

 

 

 

フードホール店内は

 

 

 

ホールは想像よりも広い!と感じる大きさで、その中にカウンター席、ピクニックテーブル、

 


ラウンジテーブルと、その日の気分や同伴者で使い分け出来る席が沢山用意されています。

 

 

さらにテーブル間のスペース・間も広めにとってあり安心して、
落ち着いて食事が楽しめます。

 

 

また、大きく開かれた窓からは、緑いっぱいのガーデンが一望できたり、
風が自然に吹き込まれ、さらに光までもが心地よく差し込んできます。

 

 

カカアコの「カラフルモンスター」で有名な
ケビン・ライオンズ氏が手掛けるウォールアートも一見の価値あり。

 

 

そんな爽快な食空間の中に選りすぐりの8店舗(予定)が待ち構えます。

 

 

当然、現在も新型コロナ対策中で、
検温器であったりハンドサニタイザーは設置済で、

 

 

ソーシャルディスタンスを取れるようにステッカーも貼ってあり、
しっかりコロナ対策中。

 

 

※ホール内にお手洗いがありました。これは嬉しい!

※下記案内図の6番と7番の間位です。

       

 

※フロアマップ

 

 

 

臨時の営業形態

 

 

営業中の各店舗のカウンターにはスタッフは居なくって、
注文は1ヶ所に集約されて営業。

 

    タップバー  ↑↑  TAP BAR

 

「タップバー/TAP BAR」が臨時の注文窓口となっています。

 

営業時間も日曜~木曜は午前11時30分から午後7時まで、
金曜と土曜は午前11時30分から午後8時までと時短営業となっています。

 

 

注文後「番号札」を受け取ります。

 

 

コロナ情勢を見ながら各店も通常営業される筈。

 

 

 

お店紹介

 

 

Meataly Boys

 

(ミータリー・ボーイズ)

ハワイ産の肉料理を提供。

 

バラエティ豊かなステーキを
お手頃価格で提供する「ミータリーボーイズ」はミートラバー必見のお店。

 

 

こだわりのリブロースステーキは驚くほどジューシーでやわらかく、
レストランの味にも負けていません!

 

 

そのほか、フィレステーキ、ショートロインステーキ、
ランプステーキ、フリフリチキンにポークチョップ、どんぶり系アイテムもありました。

 

 

地元の食材をはじめ高品質のステーキ、リブロースト、
フリフリチキンなどハワイ産の肉を提供するステーキグリルの店。

 

 

Surfer’s Cafe

 

(サーファーズカフェ)

厳選されたコナコーヒー豆を使用している「サーファーズカフェ」では、
ココナッツやマカダミアナッツフレーバーのコーヒーを味わうことができるほか…

 

 

かわいらしいアートも販売しているので、
ちょっと珍しいハワイのおみやげを探している方はチェックしてみてくださいね。

 

 

ハワイ産のコナコーヒーを使用したコーヒードリンクやオーガニックティーのほか、
地元のアーティストによるサーフィンやビーチをテーマにした作品を販売。

 

 

 

Five Star Shrimp

 

(ファイブスター・シュリンプ)

 

ガーリックシュリンプが大人気のお店。

 

 

以前はワイキキビーチウォークの近くで大人気の
フードトラックとして営業していたガーリックシュリンプのプレートランチ専門店

 

 

定番のガーリックシュリンプやスパイシーシュリンプをはじめ、
シュリンプタコス、ステーキプレート、ステーキ&シュリンプなどがありました。

 

 

Honolulu Burger Co.


(ホノルルバーガー)

ハワイ島やカウアイ島のグラスフェッドビーフを使った、
メイドインハワイのグルメバーガーショップ「ホノルルバーガー」は3月中旬にオープン予定。

 

ハワイ島やカウアイ島で放牧されたグラスフェッドビーフと
ハワイ産の食材にこだわった手作りのハンバーガーショップ。

 

※ダブルチーズバーガー例。

ダブルチーズバーガーやブルーハワイバーガーが
ワイキキで食べられるようになるのも後少しの我慢。

 

 

Tap Bar


(タップバー)

地元のクラフトビールとハワイアンカクテルを愉しめるお店。

 

最後にご紹介するお店は「タップバー」。

 

※地ビールが楽しめる。

ワイキキフードホールで唯一アルコールも楽しるお店なんです。

 

※アイランドスピリッツァー

 

ここ数年、ハワイで人気のクラフトビールを筆頭に、
マイタイやブルーハワイなどの本格的なカクテル…

 

 

発売されたばかりのアイランドスピリッツァーなど、
バリエーションに富んだドリンクが用意されています。

 

※マイタイ例。

 

ワイキキフードホールの中心にあり、
地元のクラフトビールとハワイアンカクテルを味わえるアイランドスタイルのバー。

 

 

※現在再開しているのは8店舗中上記の5店舗

 

※カフェとバーを除く上記全てのレストランは、店内での飲食とテイクアウト、Uber Eats、Bite Squad、Grub Hubの宅配サービスによる利用も可能。

 

 

 

現在休業中

 

 

Potama

 

(ポーたま)

現在休業中

沖縄の家庭で愛されている「ポーたま」こと
ポークたまごおにぎり」をできたてで提供するハワイ唯一の専門店!

 

 

メニューにはオリジナルのポーたま、すき焼き、ゴーヤ天ぷらのほか、ハワイらしいロコモコやガーリックシュリンプ、キッズがよろこぶチーズケチャップやツナコーン等々と、種類が沢山あり悩むかも?

 

※現在メニューの一部を縮小して営業中。

 

※ダブルシュリンプ$8の一例。

 

私が気に入ったのは2本のエビフライを挟んだダブルシュリンプ。

ボリューム満点で飛び切り美味しい。

 

 

JTRRD  

 

ジェイティード)

現在休業中

 

開店当初最も注目を集めていたのが「ジェイティード」。

 

お店のスペシャリティは…美しいスムージー

 

※美しいスムージーの数々。

 

ローズスムージーやボンボンスムージーなど、
フードアートの域に達した「作品」?ばかり。

 

美しさ際立つのが「アートスムージー」!

絵画のように美しき・綺麗で、食べるのが勿体ない?

 

※アートスムージー一例。

 

好きなカラーを選べるスムージージュースもおすすめ。

 

※好きなカラーを選べるスムージージュース。

 

綺麗で美味しくヘルシーな「JTRRD」!

 

営業再開されれば一躍大行列のお店になること間違い無し。

 

 

 

Milk  

 

(ミルク)

現在休業中

 

こちらは生クリームか゛主役のスイーツを楽しめる「ミルク」。

 

※ハワイ限定のパイナップルボート一例。

 

ハワイ限定のパイナップルボートをはじめ、定番のミルキーソフトクリーム

ソフトクリームとホイップクリームなど、甘さ控えめのスイーツがそろいます。

 

2019年ソフトクリーム売り上げ1位に輝いた実績があります。

 

 

熱っいハワイで思いっ切りソフトクリームを頬張りたい!

 

 

 

ワイキキ・フードホール詳細

 

Waikiki Food Hall(ワイキキフードホール)

 

場  所 : ロイヤルハワイアンセンターC館3階

(以前「北京(ベイジン)」があった場所です。)

 

チーズケーキファクトリー側のエスカレーター利用が便利です。

 

住  所 : 2201 Kalakaua Avenue, Honolulu

 

 

 

 

電  話 : (808)376‐0435

 

営業時間 : 8:00~23:00

 

 

※現在の営業時間は、日曜〜木曜は午前11時30分から午後7時まで、金曜と土曜は午前11時30分から午後8時までとなっています。

 

※ワイキキフードホール内の飲食店ごとにスケジュールが異なる場合がありますので、事前に電話で最新情報を入手してください。 

 

URL : https://waikikifoodhall.com/

 

駐車場   : あり

(利用金額にかかわらず、センターのご利用で3時間まで無料のパーキングプロモーションを2021年3月31日まで実施中。)

 

※オリジナルグッズも置いてありますよ。

 

 

行き方詳細

 

ロイヤルハワイアンセンターB館1階にあるセンターステージを正面に左手(C館)方面へ進み、

 

※左側(ダイヤモンドヘッド方向)へ進む。

C館1階のチーズケーキファクトリーの奥を直進。

 ↑ ↑この左側に少し見えているのが人気のチーズケーキファクトリー。

※左側にチーズケーキファクトリーがあり、
その奥へ進みます(ロイヤルハワイアンセンター)の看板があります。

 

※そのまま進んでいると間もなく左側にエスカレーター見えてきます。

 

※そのまま2階へ行きましょう。

 

※2階へ着いたら道なりに右手側に暫く進みます。

 

※すると直ぐ右側にエスカレーターがあるので乗って3階へ行きましょう。

 

※これで最後です。

 

※3階へ着いたら右手側に目的のワイキキフードホールが見えてきます。

 

※無事に到着です、思いっ切り楽しんで下さい。

 

 

それでは元気で・楽しく

              ・安全に行ってらっしゃい・・

 

サイト内記事情報はその時点での情報となりますので、ご利用時には必ず事前に最新情報を確認をされてご利用下さいます様お願い申し上げます。

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

コメントは利用できません。