Just another WordPress site

フラグリルワイキキはビーチ目前の抜群のロケーションで人気をお得に利用

2019-08-23

ハワイ大好きな皆さん、アロハ!

お元気でしょうか?

今日のご紹介は
フラグリルワイキキ」をお得に利用するです。

 

 

フラグリルワイキキ

 

数少ないワイキキ・オン・ザ・ビーチホテルの一つ「アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート」ホテル2階にあり、ワイキキの海を望むオープンテラスでパシフィック料理が堪能できるお店です。

※アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート・ホテル外観。

1階には躍動感溢れる活気ある賑やかな姉妹店でもある「デュークス(DUKES)」があるんですが、ここ「フラグリルワイキキ」は対照的に開放的で落ち着いた雰囲気のお店です。

 

地元の食材をふんだんに使った、カジュアルなリージョナル・シーフードも人気。

 

日本語は通じることは残念ながらありませんが、スタッフの質・教育は最高の次位?のレベルで目配り・気配りしていて、気さくに声もかけてくれます。

 

朝食からランチ、ハッピーアワー、ディナー、バーと早朝6時半から夜は10時まで年中無休で営業されていて安心感があります。

 

海側の席を希望される方は事前に「予約」されることをおススメします。

 

フラグリルワイキキ 詳細


店  名 : Hula Grill Waikiki (フラ・グリル・ワイキキ)


ジャンル : ハワイ料理、シーフード、ステーキ

電  話 : (808)9234852

予約可否 : 予約可

ドレスコード: 特に無し

住  所 : 2335 KALAKAUA AVE., SUITE 203 | HONOLULU , HI


交通手段 : カラカウア・アベニュー沿いのアウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート 2階。(ロイヤル・ハワイアン・センターから徒歩約3分。)

 

※海側から見たホテル。左側のひときわ明るい建物の2階がフラグリルワイキキ。

営業時間 : [月~木]6:30~11:30、15:00~22:00
       [金~日]6:30~22:00

定休日  : 無休

※営業時間・定休日等は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗に必ずご確認ください。


煙  草 : 完全禁煙


駐車場  : 有料(アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾートの駐車場利用)

バレーパーキングのみ(お客様は無料)3時間$5。

ホームページ : http://www.hulagrillwaikiki.com/

 


フラグリルワイキキ 店内

 

一番おススメの席は何と言っても「テラス席」。(絶対予約して出掛けましょう)

 


※テラス席ではトーチに火が灯されて・・

1階のデュークス(DUKES)から屋外生演奏が聞けて、ワイキキの海が真正面に見え、左側に目を向けるとダイヤモンドヘッドまでもが視界に入ってきます。

 

人気なのがやはり「サンセット」を見ながらの食事でしょ!

 

店内は思ったよりフロアが広い。

 

中には南国のカバナ?風のバーカウンターがあったり、ハイチェアでゆったり寛げるテーブル席に、ワイキキビーチを見下ろせる大人気のテラス席があります。

 


テーブル席では子供用のハイチェアを頼めば用意してくれますよ。

 


窓がなく開放的な店内で快適!

通常は囲われた部屋でエアコンがあるのが普通ですよね?でも日本人にはどうも海外のエアコン設定温度が低過ぎる様に感じるのは私だけ?

 

※オープンエアで解放感ある店内一例。

そこで多くの方は何か羽織るもの(カーディガン、ジャケット、ストール、長袖シャツ等々)を準備されて出掛けられませんか?

 

しかしここフラグリルワイキキはオープンエアですので、エアコンの効きが丁度良いんです。

 

本当に気持ち良い空間で、美味しいお料理やドリンクで大満足間違い無し。

 

フラグリルワイキキ 朝食

 

ワイキキの一等地で朝早くから夜まで営業している「フラグリル」。

 

フラグリルでの「朝食」は朝6時半から11時までお楽しみになれます。

 

ちょっと早起きしてワイキキビーチ散策の前・後に「フラグリル」での朝食なんて素敵ですよね・・

 

特にオープン早々の早い時間のワイキキビーチは昼間の喧騒とは違った穏やかなワイキキビーチを見ながら朝食をいただけます。

 

朝食メニューは豊富にあり、日本語メニューも用意されているので、遠慮なくスタッフにお願いしましょう。

 


特に人気!評判!おススメ!は・・?

 


パンケーキ

 


ハワイで朝食・・と言えば・・「パンケーキ」。

 

中でもおススメは・・「トロピカルパンケーキ」です。

 

ご想像通り「トロピカルパンケーキ」ですのでハワイ産の季節のフルーツ、クリスピーココナッツ、クラ産のストロベリーソース、マスカルポーネクリームがトッピングされた相性抜群の何処からみても南国のパンケーキ!そのもの。 ($15)

 

「パンケーキ」は2種類用意されておりもう1種類が・・「バナナ・マカダミアナッツ・パンケーキ」です。

 

「バナナ・マカダミアナッツ・パンケーキ」はアロウン・ファームのバナナとハマクア産のマカダミアナッツがたっぷり使われています。

 


※「パンケーキ」は午前中のみの提供なのでご注意ください。

 

エッグベネディクト

 


日本の朝食メニューの中でも大人気な「エッグベネディクト」。

 

フラグリルワイキキのエッグベネディクトは焼いた中国の蒸しパンの上にポーチドエッグと具材がのっています。

 

※エッグベネディクトの一例。

「エッグベネディクト」は4種類用意されています。

 

ポルトガルソーセージ
ククイソーセージとニラにレモンオランデーズソースがかかっています。$15。

 


カルアピッグ

石焼デュロック豚とトマトにレモンオランデーズソースがかかっています。

 


ハウウラ産トマト

ほうれん草に完熟トマト、ジェードペストオランデーソースがかかっています。シンプルでさっぱり食べたい時におススメ!

 


ロブスターとアスパラガス

コナ産のロブスターがのったエッグベネディクトがおすすめです。
豪華でがっつり食べたいなんて時におススメ!

 

 


アサイーボール

 


連日の肉系、がっちり系、たらふく系で胃腸がお疲れの時や、手早く軽く健康的に済ませたい・・何て時におススメなのが・・「アサイーボール」。

 

本場のアサイーボールには・・バナナ、ベリー、マノア産はちみつ、自家製のグラノーラで気軽に手軽に頂けちゃいます。 $10。

 


ブレックファーストプレート


「ブレックファーストプレート」は,お好みのお肉料理や卵の焼き方や主食をお好みで選ぶことができます。

 

文字通り自分好みの朝食を食べられるんです。

 


お肉料理」は、ベーコン、ソーセージ、ポルトガルソーセージ、スパムの中から選びます。

 


卵の焼き方」は、目玉焼き、スクランブル、ポーチドの中から選びます。

 


主食」は、ライス、トースト、カントリーポテトの中から選びます。

 


※まだまだ美味そうなお料理が沢山ありますので、事前に日本語メニューでじっくり下調べされてお出掛けください。

 

 


フラグリルワイキキ ランチ

 

ワイキキの一等地で朝早くから夜まで営業している「フラグリル」。

 

フラグリルでの「ランチ」は11時から15時までお楽しみになれます。

 

 

朝食メニュー?

 

「ランチ」と言ってもここ「フラグリル」では「ブランチ」となっており、パンケーキ、ロコモコ、アサイーボール、エッグベネディクト、ワッフル、ブリトー等の朝食メニューも頂けます

 


ハンバーガー

 

ここんちの『ハンバーガー」はマカヴェリ産100%のビーフにスモークゴーダチーズ、キャラメライズドされたオニオン、トマトマーマレード、レタスがはさまっていてボリューム満点!

 


※ハンバーガー&フライドポテト一例。

さらに希望者には、ベジタリアンバーガーやグルテンフリーのバンズにも変更することができます。

 


野菜

 


どうしても「野菜」不足になりがちになる「海外旅行」。

そんな時には思いっ切り「サラダ」を堪能してみませんか?

 


※ランチサラダの一例。


フラグリルで人気のサラダは・・「シュリンプ&グリーンサラダ」です。

 


「シュリンプ&グリーンサラダ」は、プリプリの身のシュリンプ にミックスグリーン、カブ、ビーツ、いんげん豆、かぼちゃ、マカダミアナッツ、ストロベリーが入っていて、バルサミコビネガードレッシングとの相性は抜群!

 


フィッシュ&チップス

 

本場イギリス?のフィッシュ&チップスとは違い?南国のハワイのフラグリルらしく、リリコイのディッピングソースが付いて、揚げたての白身魚との相性ピッタリ!

 


※フィッシュサンドイッチ(白身魚、レタス、トマト、オニオン、タルタルソースがはさまったサンドイッチ)も人気。

 


※まだまだ美味そうなお料理が沢山ありますので、事前に日本語メニューでじっくり下調べされてお出掛けください。

 


フラグリル ハッピーアワー

 


ワイキキの一等地で朝早くから夜まで営業している「フラグリル」。

 


フラグリルでの「ハッピーアワー」は15時から18時(月・火・水・木)まお楽しみになれます。

 


※金・土・日曜日は14時から18時となります。

 

※金・土・日曜日の16時から18時の間では1階のデュークスで行われているライブで大盛り!

 


ご存じの様にオアフ島ではビーチフロントのレストランは案外少なく、ましてやハッピーアワー実施のお店はそれこそ希少的価値の存在。

 


さらにワイキキビーチ中心地にある「アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾートホテル」内にあるのが「フラグリルワイキキ」です。

 

但しこのハッピーアワータイム中は、プランテーション・バーでの実施となり、カウンター席と周辺の席のみでの利用となり、誰もが希望する海側席の利用は出来ません。

 


ハッピーアワー(フラグリルワイキキでは「アロハアワー」とも呼ばれています)はご存じの様に通常よりも割安でアルコールやおつまみが楽しめるサービスタイム。

 


何しろ「バーテーブル席」は人気が高く席の争奪戦?が起こることもありますので、ハッピーアワー開始早々を狙って出掛けましょう。

 


席について取り合えず「ビール」ですが?ここではハワイの人気ビールブランドであるコナブリューイング社の濁りビール「フラ・ヘーフェンヴェイツェン」がおススメ!

 

※フラ・ヘーフェンヴェイツェン一例。

 


こちらのビールの特徴は?

たっぷりと使用する小麦にバナナとハーブの香りを混ぜたコクの良さが際立ち、ビールのホップ味が少なく、酵母が残っているので色が濁っていて、レモンも入っていて非常にフルーティーで飲みやすいんです。

 

この独特の「フラ・ヘーフェンヴェイツェン」ビールはオアフ島でもフラグリルワイキキともう一軒位しかありません。

 


料理はおつまみ系のメニューからガッチリ系のメニューまで、地元の食材にこだわっていて、野菜だけでなく肉や魚もハワイ産を多く使用し提供している。

 


例えば・・

 

 

トリュフフライ」$5。
トリュフオイルとパルメザンチーズのコンビネーションが相思相愛なフライドポテト。

 

 


ベイビーバックリブ」$11。

炭火焼したリブに甘いマンゴーバーベキューソースが絡んだ逸品。

 

 


ココナッツカラマリ」$9。

柔らかなイカをココナッツの衣でサクッと揚げたイカフライ。

 

 


クラブ・マカデミアナッツ・ワンタン」$9.

蟹クリームコロッケ?のような柔らかい具をワンタンで包んで揚げた。

 

その他「天麩羅エビのタコス」$8や、「ベイビーバックリブ」$11等々。

 

 


フラグリルワイキキ シェフズ

 


ワイキキの一等地で朝早くから夜まで営業している「フラグリル」。

 


フラグリルでの「シェフズ」は平日の16時45分~17時45分のオーダー限定となります。

 

 

この時間帯のみシェフズ・テイステング・メニュー(CHEF’S TASTING MENU)を注文(オーダー)することが出来ます

 


「シェフズ・テイステング・メニュー」はサラダ、メイン、デザートが付いて$27(税別)がオーダー出来ます。

 


※飲み物、税金、チップは別となります。

 

シェフズ・テイステング・メニュー内訳?

 

サラダ

 

フラグリルワイキキオリジナルの「フラ・シーザー・サラダ」又は、地元で採れた新鮮な野菜が食べられる「ローカリシャス・サラダ」のどちらか1品を選択。

 

※サラダの一例。

 


メイン

 

 

ブレイズド・ショート・リブ

 

「フレッシュ・ハワイアン・フィッシュ」

 

 

「シュリンプ・パスタ・カルボナーラ」

 

「ファーマーズ・マーケット・ヌードル・ボウル」

 

 

「グリルド・ステーキ・キアナ」

 

「ジドリ・フリー・レンジ・チキン」

 

の中より1品を選択。

 

デザート

「トロピカル・ドリームス・シャーベット」

 

 

「パイナップル・アップサイド・ダウン・ケーキ」

 

のどちらか1品を選択。

 

もう一度言います・・

 

シンプルですが美味しくて量も日本人に丁度良いコース料理で、上記のサラダ・メイン・デザートが付いて$27で頂けるんです。

 


この貴重な1時間をお見逃し無きように・・

 


勿論アラカルトメニューもあり、あれもこれも食べたくて注文に迷ってしまいます。

 

 


フラグリルワイキキ サンセット

 

フラグリルワイキキは特にサンセットタイムが超人気で、誰もが癒されるこの絶景を見ながら食事も楽しむことが出来るので連日大盛況!

 


オンザビーチの高級ホテル内のレストランですが、比較的に良心的な料金とカジュアルな雰囲気で、洗練されたスタッフのサービスで居心地良いレストランです。

 


サンセットを楽しみたいならその日のサンセットの時間をチェックして予約して出掛けましょう。

 


大まかなサンセットの目安ではありますが・・

 


1月から4月が18時台頃で、5月から8月が19時台頃で、9月から12月が18時半
から18時台頃となりますので参考までにどうぞ。

 

 

フラグリルワイキキ ディナー

 

 

ワイキキの一等地で朝早くから夜まで営業している「フラグリル」。

 


フラグリルでの「ディナー」は平日の16時45分~22時までお楽しみになれます。

 

フラグリルワイキキ入口。

何度も言いますが?ワイキキのほぼ真ん中という最高のロケーションで、さらに店内はオープンテラスで雰囲気抜群で、決定打はオープンテラス前にはワイキキビーチが広がっていてサンセットタイムには圧巻の美しさを楽しめます。

 

 

昼間のフラグリルも素敵ですが、やはりディナータイムのフラグリルワイキキは思い出深い格別なディナーを演出してくれます。

 


※店内からダイヤモンドヘッドの雄姿が見えます。

じっくり、ゆっくり、のんびり時間を気にせず最高のディナータイムをお過ごし下さい。

 


フラグリルワイキキでは、日曜日、火曜日、水曜日、金曜日、土曜日のディナータイムの19時から21時の間は、ハワイアンミュージック(カアラ・ボーイズ、カムエラ・カホアノなど)の生演奏を楽しみながら食事をすることができます。

 


せっかく出掛けるなら生演奏開催日に予約して出掛けましょう。

 

ラグリルワイキキではハワイ産の新鮮なシーフードやステーキを存分に味わうことができます。

 


モチモチのパン

 


最初に出てくるパン(フォカッチャ)が人気です。

(全てのメニューに付きます。)

 

オイルとチリソースをつけて食べるとおいしいです。

 


 

ハーブの入ったふわもちのパンに、スイートチリソースとオリーブオイルをつけて食べるともう最高!

 

前菜

 

ポケタコ $18。

 

ポケタコがおススメ!生のお刺身ではありません。タコがタコスのことで、タコスに挟まれたポケと下にはアボカドソースです。3個でこのお値段はリーズナブルで、前菜としては最適!

 


肉料理

 

〇キアナフィレステーキ $39。

フラグリルの定番人気メニューは「キアナフィレステーキ」!

オリジナルのステーキにトリュフバターと椎茸のクリームソースとの相性も抜群!

 

〇クリスピー リブチョップ 海塩まぶし $56。

 


如何にも肉という感じの、USDA最上級のナチュラルアンガスリブアイステーキの上にフィンガーリングポテト、オニオン、グリーンペッパーコーンソースをトッピング。

 


〇グアバ バーベキューチキン $26。

 

無添加のチキンを使用していて、クリスピーベジタブルサラダとバンブーライスがセットに。

 


日本ではなかなか食べることの出来ないしっかりと味付けされたお肉。

 

 


シーフード料理

 

〇蟹のせ サクサクマカダミアナッツのオノフライ

 

 

その日のおすすめの白身魚にマカダミアナッツをまぶしてクリスピーフライにし、マウイゴールドパイナップルとビューレブランクソース、バンブーライスが添えられています。

 

 

白身魚とマカダミアナッツの食感の相性もバッチシ!

 


〇ファイヤーグリルアヒ

 

七味唐辛子で焼いたアヒとバンブーライスがセットに。

 

〇シュリンプ パスタ カルボナーラ $29。

 

 

デュロック豚とボタン海老が入ったお馴染みのカルボナーラ。パスタはマカロニ状でした。

 

サイドメニュー

 

ディナータイムにはサイドメニューやアペタイザーも数多く取り揃えています。

 

〇フラスグリルサシミ

マグロの刺身にシャロットグレモラータ、ハワイアンソルト、タイバジルオイルで頂きます。

 

ハニーマカダミアナッツシュリンプ、ハーフシェルオイスター、デュロック豚のスペアリブ、シーフードプラッター、かぼちゃのフムス、ココナッツイカフライなどもあります。

 


デザート

 

メイン料理も評判通りですが、それだけで帰っちゃ勿体ないお化けが出るかも?

食後のデザートをご堪能ください。

 

フラグリルワイキキでの食後の隠れ人気No1デザートとは?

 


キモズフェイマスフラパイ

 

(KIMO’S FAMOUS HULA PIE)$11。

 

アイスクリームケーキで、アイスの上にマカダミアナッツがたくさん入ったアイスクリームにチョコレートソース、さらにマカダミアナッツがトッピングされさらにホイップクリームが添えられています。

 

 

名物中の名物だからってお1人で1つ何て注文は早とちり?

 


人気デザートでマカダミアナッツのサクサク感が癖になる逸品ではあるのですが?

 

やはりここはアメリカ?その大きさは「半端ない」大きさですので、ここは皆でシェアされるのが賢明です。

 

人気デザートで閉めるにはメイン料理等でくれぐれも満腹にならないようにご注意!?

 

※キモズフェイマスフラパイは各月ごとにスペシャルバーションあるみたいなのでお楽しみに。

 

その他のデザートには・・

 

アイランドソルベスプリット

 

パイナップル・ココナッツ・クレームブリュレ($8)

 

パイナップルアップサイドダウンケーキ

 

 

アイランドブレッドプディング

もあります。

 

 

店内にはフラグリルワイキキのオリジナルグッズの販売もあります。

 

 

もし気に入ったグッズがあったら直ぐに購入せずに、ゆっくりと食事を済ませて、レシートをもらい、その後にグッズを購入すれば・・

 

 

何と!グッズが33%オフとなります。

 


フラグリル 日本語メニュー


フラグリルワイキキには日本語メニューも用意されています。

 


そんな日本語メニューにはそれこそ沢山の種類のお料理があり、オーダーする際には迷ってしまいます。

 


その時に一番食べたい料理を食べられるように利用前に事前にメニューを見ら
れておくのをおススメします。

 

 

キッズメニュー

 

お子様連れには有難いキッズメニューが用意されています。

 

しかもここフラグリルワイキキでは朝食そしてランチ&ディナーメニューと分かれてあります。

 

朝食メニューには、「ミッキーマウスのバターミルクパンケーキ($5)」や「ミッキーマウスのバナナパンケーキ」や「バニラサンデー($3)」です。

 


ランチ&ディナーには、「子供バーガー」や「アメリカンドッグ」や「バーベキューポークサンドイッチ」や「グリルフィッシュ」等々、色々なジャンルのメニューが揃っています。

 


さらにランチ&ディナーには、地元の野菜やフレッシュなパイナップルがセットになっており、栄養バランス上もとてもご両親も安心。

 

 

日本語メニュー

 


フラグリルワイキキには日本語メニューが完備されています。

 

 

英語が苦手な日本人(特に私です!)には非常に有難いサービスですよね!

 


日本語メニューがあるレストランと言うだけでテンションも上がります。

 

 


もし?お店で日本語メニューを持ってきて貰えなかった時には落ち着いて・・

     
 ↓   ↓   ↓   ↓ 

Do you have a Japanese menu?

又はもっとシンプルに・・

 ↓   ↓   ↓   ↓ 

Japanese menu,Please.」とニッコリ笑って頼みましょう。

オーダーが決まったらスタッフに伝えるのですが?残念ながらここフラグリルワイキキのスタッフはほぼ日本語が通じないと思ってもらって間違いないです。

 


そこで日本語メニューで食べたいお料理が決まったら、日本語メニューを直接「指差し」でオーダーすれば簡単に通じます。

 

 

もし日本を発つ前からフラグリルワイキキで食事予定なら、事前にネットで日
本語メニューでじっくり下調べされることをおススメします。

 


日本語メニューはこちらから。

https://www.hulagrillwaikiki.com/menus/japanese-menus/

 


Menusをクリック⇒出てきた「Japanese Menus」をクリック⇒

 

これで「日本語」切り替え完了⇒

 

次に調べたい「Breakfast」,「Dinner」、「Bar Classics」、「Brunch」から選択。

 

例えば朝食から気になるなら「Breakfast」をクリックして見ていきましょう。

 

 

フラグリルワイキキ 予約

 

フラグリルワイキキは予約は必要ですか?

 


答え・・なるべく予約されてお出掛けください。

 

特にディナータイムの夕景の素敵な時間には「予約」は必須です。

 


※ビーチ側のテラス席狙いの時はより一層早目での予約を!

(殆ど皆がこの席狙いですので・・)

 


朝食やランチでも時間が無い時や予定が押している時とかは予約した方が安心です。

 


フラグリルワイキキは「予約」なしでも入れますが、混雑していれば当然待たされます。

 

混雑状況にもよりますが?ブザー(ペイジャー)を渡されて15分から30分待たされる覚悟で。

 

※お電話での予約・お問い合わせは  (+1) 8089234852 です。

 

フラグリル ドレスコード

 

ご安心下さい!

 

フラグリルワイキキにはご心配な「ドレスコード」はありません

 

ワイキキビーチの目の前にある素敵なレストランですが、特にドレスコードの規定はありません。

 

例えTシャツや短パン等のラフな仕度でも入店拒否されることはないです。

 

 

「フラグリルワイキキ 店内」でも触れましたが、オープンエアの窓がなく開放的な店内ですので、日本人旅行者にはエアコンの効きが丁度良く感じます。

 

 

ですのでわざわざ長袖やジャケットやストール等持参しなくても心地よい環境でお食事が楽しめるはずです。

 

勿論、「お洒落」して出掛けても何ら問題はありません。

 

 

フラグリルワイキキ 場所

 

 

住所
ハワイ 2335 KALAKAUA AVE., SUITE 203 | HONOLULU , HI

 

 

交通手段

カラカウア・アベニュー沿い
アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート 2階

 

 

 

フラグリルワイキキは、ロイヤルハワイアンセンターの隣(ワイキキビーチ側)にある「アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート」内の2階にあるので、行き方はとても簡単です。

 

 

ただ、ワイキキには「アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート」というホテルもあるので、間違えないように注意してください。

 

同じ系列ホテル、アウトリガーリーフにあるのはカニ・カピラ・グリルですよ。こちらもハワイアンミュージック溢れる素敵なレストランです。

 

アウトリガー・ワイキキ・オン・ザ・ビーチホテルの正面から入り、すぐ左にあるエスカレーターで2階に上がります。そして奥まですすんでいくとフラ グリルがあります。

 

 

それでは元気で・楽しく

      ・安全に行ってらっしゃい・・

 

サイト内記事情報はその時点での情報となりますので、ご利用時には必ず事前に最新情報を確認をされてご利用下さいます様お願い申し上げます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事

コメントは利用できません。