Just another WordPress site

ハレクラニホテルの前庭にあった「キアヴェ」の木が倒れる!

2016-09-10 
ハワイ旅行大好きBlog
ハワイ旅行大好きな皆さん、アロハ!

スポンサードリンク

 

 

皆さん、お元気でしょうか?

ハレクラニ・ホテルのキアヴェの木が・・

House Without A Key」の
前庭にある樹齢129年にもなる「キアヴェ」の木が倒れる・・

8月21日夜半から午前零時5分の間の時間帯に倒れた

幸いなことにレストランや
近くには誰もいない時間帯だったのが不幸中の幸いでした。

キアヴェはステージの壇上を僅かに覆ったが、
大部分はステージ後方に倒れた。

(キアヴェの木があった場所の前のレストランとは・・?)

キアヴェの大樹

※上記のレストラン紹介記事・写真は下記(公式HP)より掲載しました。
http://www.halekulani.com/jp/restaurant/house.php

 

ハウス・ウィズアウト・ア・キーとは?

Houre Without a Key(ハウス ウィズアウト ア キー)

波ひとつないエメラルドグリーンの朝の海、甘い薫りを運ぶ昼間の風、

そして、水彩画のようなうすむらさきの夕暮れが海を包むマジックタイム。

風と海のうつろいを
もっとも感じていただけるオーシャンフロントのダイニング

それが「ハウス・ウィズアウト・ア ・キー」です。

 

1925年に書かれた
小説『チャーリー・チャン』にも登場するこちらのレストランでは、

オープンエアの心地良い空間で、ブッフェスタイルの朝食、ランチ、カクテル、ディナーをお楽しみいただけます。

また、ハレクラニの歴史をともに歩む、樹齢100年を越えるキアヴェの樹の下で毎夜繰り広げられるハワイアンミュージックフラは、過ぎていく時間のすべてが愛しく感じられる、ハワイでの特別なひとときです。

元ミス・ハワイの優美なフラが、
ロマンチックなイブニングを心に焼き付けてくれることでしょう。

レストラン見取り図

※上記のレストラン紹介記事・写真は下記(公式HP)より掲載しました。
http://www.halekulani.com/jp/restaurant/house.php

キアヴェの再生は?

倒れた木は地面にまだ根が張っているそうです。

その為「再生」の可能性について樹木管理士の判断を待つとのこと。

最高級ホテル「ハレクラニ」のビーチフロントレストランと聞けば、

誰しもが憧れるサンセット&フラを観賞し、マイタイを飲みつつ、
食事も出来る最高のシチュエーションのレストラン。

レストラン「ハウス・ウィズアウト・ア・キー」のこの木の下で、ハワイアンミュージックのライブとフラが毎夜行われていた。

沈みゆく夕日のオレンジ色に、
キアヴェツリーのシルエットが黒く浮かび上がってとても素敵な光景だった。

土曜日から日曜にかけての大雨のあと日付けが変わった午前1時過ぎ、キアヴェの大樹は疲れた体を休めるように根元から折れて横たわってしまったそうです。

 

幸いにその時間帯に付近には人もなく、人を傷つけることなく、ひっそり逝ってしまったのです。

折れて横たわるその姿は、本当に疲れて横たえる人のようです。

その理由に、かなり前からハレクラニ前のビーチは年々短く狭くなっており、

ビーチの侵食の影響で、砂地の地盤が弱いために、突然、倒れてしまったのです。

ハレクラニ 公式HP 

※上記のレストラン紹介記事・写真は下記(公式HP)より掲載しました。
http://www.halekulani.com/jp/restaurant/house.php

 

フラダンサーのカノエ・ミラーさんは・・

1977年からここでフラを踊っているダンサーのカノエ・ミラーさんは・・・

「古い友が亡くなった寂しさがあります。
感謝の気持ちを伝えるためにキアヴェの大樹の最期を見届けにやって来ました」

と昨日の夜のテレビニュースで応えています。

 

内地の大地に根を張るキアヴェの大樹が突然倒れることはありません。

年々侵食された海岸線のキアヴェの大樹は、
長年にわたり海水の影響を受けたのは間違いありません。

陽の強い日には心地良い日陰をつくってくれていたのに・・

樹木管理士の再生判断を待つしかありません。

今日は非常に残念なお知らせでした。
(復活再生をお祈りいたします。)

それでは元気で・楽しく

      ・安全に行ってらっしゃい・・

サイト内記事情報はその時点での情報となりますので、ご利用時には必ず事前に最新情報を確認をされてご利用下さいます様お願い申し上げます。

 

スポンサードリンク

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。